FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■EIKODO(岐阜県各務原市)

永田 皐月1

「マツヤ印判」の項でちょっとだけ顔を出したバカ息子は、
昭和55年の1月から、山川太嗣先輩の後釜として長澤印店に就職しました。

長澤印店は新橋から虎ノ門へと伸びる外堀通りに面しています。
その長澤印店から200mほど新橋寄りの内堀通りとの交差点付近に
実はもう1軒、印鑑店があります。

その名を「三田印房」
当時既に印鑑業界の大看板にして重鎮であった三田秀泉師が経営する、
こちらも長澤印店に負けず劣らずの名店です。

バカ息子は今日もカーリーヘアにレイバンの度付きサングラス、
紺のスリーピースのスーツという、今思い出すだに恥ずかしい格好で
颯爽と肩で風を切って営業に出ていきます。

三田印房の前を通りかかると、ラフな普段着に銀縁メガネ、
長髪にまるでスカンクのような、

(もっとわかりやすく言うとドゥービーブラザースバンドにいた
ジェフ・バクスターのような…ちっともわかりやすくないか)

立派なというか、だらしないというか、まあそんな髭を蓄えた、
バカ息子と同年代と思われる若い男が、精気のない顔で
ちょうど店から出てくるところでした。

「なんだ、見習いの職人さんか」と一瞥をくれたバカ息子ですが、
そのスカンク髭の男がその後、彼の生涯にわたっての盟友となろうとは、
神ならぬ身の知る由もありません。


というわけで、今回はその盟友・永田 俊行(号:皐月)氏をご紹介。

岐阜県岐阜市に生まれた永田氏は、高校を卒業後
前述の東京・虎ノ門「三田印房」に印鑑彫刻職人見習いとして就職します。

三田印房は広く日本全国から印鑑店の子弟を
彫刻職人見習いとして採用しており、
永田氏の他にも優秀な印鑑彫刻技術者を多く輩出しています。

仕事はもちろん彫刻以外にも接客や配達、外注先へのお遣いがありますが、
スーツを着用して営業に飛び歩くということはなく、
基本的には店で実戦を兼ねた彫刻技術習得が主な修業目的です。

(それとは対照的に長澤印店は印鑑店の子弟を採用しても
仕事は営業や接客がすべてであり、店で彫刻技術を学ぶことはありませんでした。)

岐阜から出てきた永田氏は三田印房ビルの4階にある一部屋に住み込み、
江戸っ子過ぎる怖い先輩と2段ベッドで寝る生活です。
住み込みですからもちろん3食付きですが、当初の給料は5千円!
これはもはや小遣いであり、給料とは呼べません。

「いくら住み込みでも銭湯へ通ったりしたから
とても5千円で足りるはずがなく、親からこっそり仕送りしてもらってた。
でも今思うと、東京での生活に浮かれることなく、印鑑彫刻技術の習得に
専念しろという親御心が三田先生におありになったのだと思う」と
永田氏は当時を振り返ってこう語ります。

(ちなみに長澤印店は、少なくともバカ息子の時代には、
印鑑店子弟の修業とはいえ初任給は10万円でした、これがいけなかったか?)

店での修業にとどまらず、月2回の日曜日には神保町の印章会館で行われる
東京印章協同組合技術講習会に通い、彫刻技術を貪欲に吸収していきます。

(ちなみに、そのころ既に印鑑職人の道を諦め、長澤印店からもらう給料の
すべてを楽器購入につぎ込んでいたバカ息子は、当時技術講習会講師だった父親から
「三田印房で修業している岐阜の永田という生徒は実に熱心だ。
筋もいいし、彼は先々きっと伸びるだろう」と聞かされても
フフンと鼻で笑ってギターをかき鳴らしていました。ああ恥ずかしや情けなや)

永田氏は4年の修業の間に業界団体主催の技術競技会に精力的に出品を続け、
主な賞を総ナメにしていきます。

そして4年後の修業満了を待って故郷・岐阜に戻った彼は、
厳父が経営する「永光堂印章」を共に切り盛りしつつ、
書家・伊藤天游に師事して書と篆刻を徹底的に学びます。

その6年後、熱烈なる恋愛を実らせて結婚することが決まった永田氏は
婚約者を師匠・三田秀泉に紹介する(という名目の)ために久々に上京します。

そして秀泉師から
「今日はわざわざ遠くからありがとう。きれいな奥さんだね。
ところでこれから予定あるか? 特になければ錦糸町で業界関係の展示会が
あるから2人で行ってみないか? 奥さんにもいい勉強になるだろう。
夜は隅田川の花火も見られるし、どうだい?」と言われ、
夜(♪)までの時間つぶしのつもりの軽い気持ちで錦糸町の展示会場へ。

そして会場内のとあるブースで技術講習会の元講師から声をかけられ、
そのバカ息子と運命の出会いをすることになります。(大げさ)

まあそれはともかく、結婚を機に永田氏は自店の営業方針を転換し、
即納態勢強化と徹底した広告戦略で大きな成果を上げていきます。

しかしその一方で彼の心中には
「じっくりと時間をかけてよりよい印鑑を彫りたい」という欲求が強くなり、
それは時としてマグマのように彼自身を突き上げるようになりました。

やがてついに永田氏は長く親しんだ岐阜市内の店を閉めるという決断を下します。
そして隣の各務原市に建築した自宅の前面を店舗に充て、
店名もEIKODOに改めて心機一転、
自らが納得する印鑑を腰を落ち着けて彫刻する日々を過ごしています、

彼独特の繊細で柔和な作風をよりいっそう研ぎ澄ませつつ。

永田 皐月2

岐阜・各務原市の印鑑・はんこ屋【EIKODO】Webサイトはコチラ

岐阜・各務原市の印鑑・はんこ職人【永田 皐月】Webサイトはコチラ

【PR】 印鑑スピード
スポンサーサイト
プロフィール

ガンコならぬハンコ親父

Author:ガンコならぬハンコ親父
印鑑はできれば当店でご注文いただきたいところですが(笑)、
全国には素晴らしい印鑑屋さんが数多くあります。
それらのお店を厳選して勝手にお薦めするこのブログ、
印鑑屋選びにお悩み方のお役に立てれば、これ幸いに存じます。
店名は敬称略で失礼しますよん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。