FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■栄印章本店(神奈川県横須賀市)

元は印刷材料卸商だったご先代のもとで
恐る恐る?印鑑屋を営み始めたご兄弟と初めてお目にかかったのは、
今からもう18年も前のことになります。

とある業界関連の展示会場でお見かけした2人は、
「この人たちホントに印鑑屋?」と、
にわかには信じがたいほどに、なんともファンキーというか…(笑)。

印鑑屋と聞いてイメージするのは、
薄暗い店内で(今でこそ明るいFC店が増えましたが)、
メガネをかけた初老のおやじが黙々を印鑑を彫っている、の図。
私たち同業者ですら、そんな光景を思い浮かべてしまいます。

ところがこのお2人はどうでしょう。

兄・加藤正義氏

まず兄・加藤正義氏(栄印章 代表)をご紹介。
この写真を撮らせていただいたのが2年前ですが
すでにこの時点で50歳をとうに過ぎています。

この写真では照れもあって、少々苦みばしったスマイルになっていますが
実際はもっともっと穏やかな表情をしていらっしゃいます。

しっかし若いよなあ、兄さん。
根っからのサーファーで今でもほぼ毎日波に乗っている彼は
フォークシンガーとしての側面を持っており、
亡き偉大なシンガーソングライターチームであった西岡恭蔵ご夫妻や、
これまた根強いファンの多い大塚まさじ氏などと親交が厚く、
現在でも定期的にライヴ活動を展開している、
実にシビレる声の持ち主であります。


弟・加藤正昭氏

ハンサム(イケメンという言葉は嫌いなので)系の兄さんとは違って
こちらは一見すると少々コワモテ系の弟・加藤正昭さんですが、
見た目とは大違いの、純情で優しく繊細な、愛すべきナイスガイ。
長年ブルース・ロックバンドでギターを演奏していますが、腕前は…(笑)。

東南アジアや南米の浜辺をビーチサンダルで歩いていると
現地の人に気軽に話しかけられる、とても日本人とは思えない?その風貌と、
彼自身が愛してやまない名ギタリスト・サンタナのファーストネームにちなんで
私たちは年上者の彼を敬愛の念を込めて「カルロス」と呼んでタメ口聞いてます。

とにかく力説したいのはその外見とは違って(失礼)、
お2人ともとても真面目で仕事に熱心であること。

印鑑彫刻はもちろん、ゴム印製造や名刺印刷まで
まったくの初心者だったのに、ほんの数年ですべて完全にマスター。
地元では新規参入ともいえる「栄印章本店」を
今では「横須賀周辺スピード仕上げNo.1」として、
多くの周辺事業所や顧客の厚い信頼を得るまでに成長させました。

その秘訣は?とたずねると、お2人は口を揃えて、

「僕たちは地元の老舗印鑑店さんに比べれば
まだまだ技術や知識が足りないかもしれない。
でもお客さんはそんな店を信用してきてくれるんだから、
とにかく親切に。
それも、ただ親切に応対するだけじゃなくて、
納期とか、予算とか、お客さんの希望をしっかり聞いて、
できるだけそれに沿うように精一杯がんばるってことかな」

印鑑屋歴から言えば、私のほうがはるかに経験豊富なはずなんだけど、
お2人の姿勢に教えられることは実にたくさんあります。

「栄印章本店」を訪れたお客さんは皆、
親身になって相談に乗ってくれるお2人の接客を受けて、
優しく穏やかな気持ちになれることでしょう。

こんな素晴らしい兄弟に乾杯!…といいたいところだけど、
この2人、全然飲めないんだよなあ。
それだけが残念でなりません。

カルロス、いいライヴがあったら、また行こうね!

横須賀市の印鑑・はんこ屋【栄印章本店】Webページはコチラ

【PR】 印鑑スピード
スポンサーサイト
プロフィール

ガンコならぬハンコ親父

Author:ガンコならぬハンコ親父
印鑑はできれば当店でご注文いただきたいところですが(笑)、
全国には素晴らしい印鑑屋さんが数多くあります。
それらのお店を厳選して勝手にお薦めするこのブログ、
印鑑屋選びにお悩み方のお役に立てれば、これ幸いに存じます。
店名は敬称略で失礼しますよん。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。